✜ 特集 ✜ワイナリー『INAMA -イナマ-』 vol.03 マンマのレシピ #01 白いんげん豆とトマト、青唐辛子の手打ちパスタ

7月~9月までイタリア ヴェネト州のワイナリー『INAMA – イナマ -』からセレクトしたこだわりのワインをGINZA SIX店頭・オンラインショップでご紹介しています。

今回の特集vol.03は、マンマのレシピ #01です。
イナマのワインを知りつくした、マンマの家庭料理とワインのマリアージュをご紹介します!

お好みでアレンジして、お愉しみください。

白いんげん豆とトマト、青唐辛子の手打ちパスタ × フォスカリーノ

フレッシュトマトと白いんげん豆がほんのり崩れたソースに爽やかな青唐辛子をアクセントに。
お好みのパスタと、フォスカリーノの丘のぶどうをオレンジ色になるまで完熟させて醸造したワイン「 ヴィニェーティ・ディ・フォスカリーノ ソアヴェ・クラシコ 」とあわせて贅沢な時間を・・・。

INAMA’s マンマのレシピ #01

1.白いんげん豆を一晩水につけ、ゆでておく。

2.お好みの手打ちパスタを作っておく。(乾麺でも可)

3.フライパンにオリーブオイルを熱し、ニンニクを炒める。

4.ニンニクの香りが立ったら白いんげん豆、トマトを加え、軽く煮立ててソース状に仕上げる。

5. たっぷりの沸騰したお湯に塩(水に対して0.5~1%)を入れ、パスタを茹でる。

6 .茹でたパスタを加え、茹で汁とオリーブオイルでソースの固さと塩味を調整する。

7 .器に盛り、青唐辛子を振りかけたら完成。

Vigneti di Foscarino Soave Classico DOC
ヴィニェーティ・ディ・フォスカリーノ ソアヴェ・クラシコ

フォスカリーノの丘の厳選したぶどうをオレンジ色になるまで完熟させます。樽発酵、樽熟成、リッチな味わい!

タイプ
産地イタリア ヴェネト州
ヴィンテージ2018
品種ガルガーネガ
アルコール度13.0%
容量750ml
ボディミディアム
醸造バリック(旧樽)で6ヶ月熟成、その後ステンレスタンクで6ヶ月熟成

品種:ガルガーネガ

果房は大きく岐肩も大きい。円筒形から円錐形。粗着粒。果粒は円形で、中程度の大きさ。表面には蝋分が見られる。果皮は黄金がかった黄色で、あまり厚くないが丈夫。日が当たる場所では琥珀色に見える。成熟期:中期。

– 2009年 GAIA BOOKS 『土着品種で知るイタリアワイン』P84より引用

PAIRING

仔牛のツナソース、魚のリゾット、お寿司、バッカラ アッラ ヴィチェンティーナ(塩鱈のヴィチェンツァ風)のポレンタ添え、魚のスープ、カボチャのポタージュ、グリーンピースのポタージュ、クスクスの野菜添え、モンテヴェロネーゼチーズ

LABELS

長年、ヴィチェンツァ・アンドレア·パッラーディオの下で修業し、イタリアで建築を勉強した最初のイギリス人、インディゴ・ジョーンズ(1652~1573年)が描いたふたつの表情のデザイン。このコンセプトはイナマ社のロゴになっているほど重要です。 もともと、インディゴ・ジョーンズは「愛」を表すことがコンセプトでしたが、このラベルではワインのふたつの表情、つまり二面性を表しています。右側は「神聖」、「瞑想」を表し、左側は「冒涜」、「陶酔」を表しています。ワインはまさに人類の本質を表す象徴です。シチュエーションに応じて、ワインは神聖で宗教的なものにもなり、また一方で大騒ぎするお祭りのようなものにもなります。

✜ 特集 『 INAMA 』✜